Of cosmetics JOURNAL

Of cosmetics JOURNAL

「クール×うるおう」夏肌ケアのスタンダードが変わります。

夏のお肌は老化を促す要因に囲まれています

日本の夏は湿度が高い状態が何ヶ月も続くので、お肌は汗でベタつき、うるおっていると思い込みがちです。しかし、エアコンや紫外線が招くお肌の乾燥、さらには汗を拭うタオルなどが与える摩擦や汗の蒸発などをはじめ、夏のお肌の乾燥は気づかないうちに進んでゆきます。このような環境が数ヶ月間も続くので、お疲れ肌は常にSOSを出している状態になっています。デリケートな状態になったお肌だからこそ、一番身近な毎日のボディケア「洗う」時は、優しい洗浄力の成分のものを選ぶことが大切です。お肌を健やかな状態に保つために「洗いながら補う」ケアを始めませんか?

敏感肌にもやさしいデオドラントケア

デリケート肌や乾燥肌の方に安心してお使いいただけるよう、オブ・コスメティックスの洗うアイテムは低刺激の天然由来洗浄成分を採用しております。洗いながら潤いを補うために、それぞれのボディウォッシュのタイプにあわせた保湿成分をそれぞれ配合しました。「クール×うるおう」洗い上がりのソープオブボディ・01-Gには、日差しダメージを受けた後の消炎効果も期待できるアロエベラ液汁をはじめとする保湿成分を配合。さらには汗などのニオイを抑えるカキタンニンや茶乾留エキスなどのデオドラント効果のある成分もプラスしました。

潤いチャージにはオイルと水分のバランスが大切

優しく洗い上げて水分をたたえた瑞々しいお肌をキープするために、お肌のオイルバランスと水分バランスを整えるシンプルスキンケアで仕上げましょう。ベジタブルウォーターでピュアな果実水の細かいミストを全身に浴びたら、お肌に浸透した水分を閉じ込めるために、ホホバオイルを薄く伸ばします。紫外線の透過を防ぐ働きを持つ100%ピュアなホホバオイルは、人の皮脂成分にとても似ているため、お肌に良質な皮膜を作ることで外的ダメージからお肌を守ります。お肌は一枚の皮膚で大陸つながりになっています。お顔のケアをていねいに行うように、お肌の露出が増える夏のスキンケアは、デコルテラインや肩、背中も同じようにオイルバランスと水分バランスが整った状態を心がけましょう。

PAGE TOP