素材用語辞典

オブコスメティックスの製品に配合される自然素材をご紹介致します

セージ

薬用緋衣草
セージ
Salvia officinalis

分類または製法

シソ科アキギリ属の多年草または常緑低木
植物エキス

一般的な効果効能(配合目的ではありません)

血行促進、消炎、酸化防止、殺菌作用

マメチシキ

ハーブ、香辛料として全世界で幅広く使用されてきたセージは、古代ローマ時代から薬として使用されていました。また香辛料では珍しく西洋から東洋に渡ってきたハーブで、17世紀中国では非常に珍重されていたそうです。その中国から日本へ伝来したのは1890年頃といわれ、薬用植物として栽培されていました。香りの強いセージは薬としてだけではなく、私たちの日常に身近な食品、ソーセージの語源になったハーブです。これはセージのもつ強い殺菌力がハム、ソーセージなどの加工食品の防腐に優れた効果を発揮するからです。このようにセージは殺菌、止血、うがい薬、胃のもたれなどに効果があると言われ、今日でも幅広く使用されています。

配合商品

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

※素材用語辞典の、各素材・成分の説明内容は、あくまでも素材・成分の一般的な性質を述べたものであり、製品の「はたらき」を示すものではありません。

PAGE TOP