素材用語辞典

オブコスメティックスの製品に配合される自然素材をご紹介致します

ミント

薄荷
ミント
Mentha spicata〈スペアミント)
Mentha ×piperita〈ペパーミント・交配種〉

分類または製法

シソ科ハッカ属のほとんどは多年草だが、一年草の種もある
天然精油/植物エキス

一般的な効果効能(配合目的ではありません)

芳香性、清涼性、冷却作用、かゆみ防止/フケ・カユミ防止作用、抗菌作用、保湿作用

マメチシキ

ユーラシア大陸原産のミントは、古代エジプト時代から使われ、ギリシャ・ローマ時代に食用、薬用のほか、そのすっきりとした香りを楽しむ習慣があり多くの人に親しまれてきました。その種類はとても多く、大別するとペパーミント・スペアミント・クールミントの3種といわれています。香りは肉・魚の臭みを消すのに非常に有効であり、また、砂糖との相性が非常に良いことから料理、菓子によく使われています。また、鎮痛作用、防腐作用、殺菌作用、消化促進作用などのアロマテラピー効果も広く知られており、爽やかな風のようにスーっと吹きぬけるような清涼感のある香りが好まれています。

配合商品

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

※素材用語辞典の、各素材・成分の説明内容は、あくまでも素材・成分の一般的な性質を述べたものであり、製品の「はたらき」を示すものではありません。

PAGE TOP