素材用語辞典

オブコスメティックスの製品に配合される自然素材をご紹介致します

甘草

甘草
カンゾウ
Glycyrrhiza glabra

分類または製法

マメ目マメ科の多年草
植物エキス

一般的な効果効能(配合目的ではありません)

消炎作用、抗アレルギー性、天然色素

マメチシキ

「漢方の王様」と称される甘草が使用された歴史は、古代バビロニアに始まります。その後東西問わずに広まり、日本へは630年以降の遣唐使の派遣によりもたらされました。当時の医学的に貴重な植物として、現在も正倉院に保存されています。現在では薬用植物としての使用のほか、甘味料としてしょうゆ・味噌、チョコレートなどの菓子類に、そのほかタバコ・化粧品など広く使用される植物になりました。

配合商品

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

※素材用語辞典の、各素材・成分の説明内容は、あくまでも素材・成分の一般的な性質を述べたものであり、製品の「はたらき」を示すものではありません。

PAGE TOP