素材用語辞典

オブコスメティックスの製品に配合される自然素材をご紹介致します

お茶の葉


オチャノハ
Camellia sinensis

分類または製法

ツバキ科ツバキ属の常緑性低木

マメチシキ

お茶の起源は紀元前2700年ごろの中国・雲南省。当時は飲用ではなく食用として、また薬用として食べられていました。飲用が始まったのは紀元前59年頃といわれ、その後約800年かけて庶民にも流通するようになりました。日本への伝来は平安時代初期、遣唐使が伝えたといわれています。当時から「不老長寿の仙薬」として広まったお茶は、現在も抗菌、疲労回復、高血圧予防、発ガン抑制、血液凝固抑制などの生理学分野と共に、美肌効果などの観点から美容の効能も注目される万能食材として愛されています。

配合商品

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

※素材用語辞典の、各素材・成分の説明内容は、あくまでも素材・成分の一般的な性質を述べたものであり、製品の「はたらき」を示すものではありません。

PAGE TOP