素材用語辞典

オブコスメティックスの製品に配合される自然素材をご紹介致します

赤トウガラシ

赤唐辛子
アカトウガラシ
Capsium annum

分類または製法

ナス科トウガラシ属の多年草もしくは低木
植物エキス

一般的な効果効能(配合目的ではありません)

毛根刺激性、頭皮刺激性、止痒性

マメチシキ

唐辛子は約9000年前から中央アメリカ・南アメリカ・西インド諸島で栽培されていた植物です。
コロンブスがアメリカ大陸を発見した時、インディオが痙攣、下痢などの治療に使用していたものを持ち帰ったことでヨーロッパへ伝わりました。その後、1542年ポルトガル人によって日本へ伝来し、そのことから当時は南蛮胡椒と呼ばれました。七味唐辛子として食用されたのは1625年「からしや徳右衛門」による考案が最初と言われており、これが後に薬研掘で発展し一般化していきます。唐辛子の辛さをあらわす値はスコヴィル値と呼ばれ、世界一辛い唐辛子は2500-5000スコヴィルある「ブート・ジョロキア」とされています。

配合商品

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

※素材用語辞典の、各素材・成分の説明内容は、あくまでも素材・成分の一般的な性質を述べたものであり、製品の「はたらき」を示すものではありません。

PAGE TOP